バーチャル見学 バナー バーチャル見学 バナー
 

Virtual tour

バーチャル見学

  ヤマサ蒲鉾のバーチャル見学へようこそ!
  あの食品がどのような工程でつくられているのか?そこにはどんな秘密があるのか、ご紹介いたします。

天ぷら(揚げ蒲鉾)

関西地方では油で揚げて作る蒲鉾、揚げ蒲鉾のことを天ぷらと呼びます。
おでんに使われる平天やごぼう天の他に、衣を付けて揚げたフライ製品などもあります。
製品のアイテム数は、ヤマサ蒲鉾で一番多くなります。

天ぷらができるまで

天ぷらができるまで ステップ1

擂潰(らいかい)

※再生ボタンをクリックしてください。

ヤマサ蒲鉾では冷凍スリミを使用します。
解凍した冷凍スリミをサイレントカッターに投入し、塩、砂糖、みりん、澱粉、卵白などを混ぜ合わせます。
POINT
イカや野菜、紅ショウガなどを混ぜ合わせる製品もあります。

※再生ボタンをクリックしてください。

天ぷらができるまで ステップ2

成型

※再生ボタンをクリックしてください。

円形や長方形など、機械が自動で様々な形にしていきます。
POINT
ごぼう天は一つ一つ、丁寧にスリミの上に置いていきます。

※再生ボタンをクリックしてください。

天ぷらができるまで ステップ3

加熱

※再生ボタンをクリックしてください。

中心温度85℃以上になるように、150~170℃程度の油で揚げていきます。
POINT
紅ショウガが入っている白い天ぷらなどは、低温の油でじっくりと揚げています。

※再生ボタンをクリックしてください。

天ぷらができるまで ステップ4

冷却

※再生ボタンをクリックしてください。

脱油機で余分な油を落とし、中心温度が10℃以下になるように、急速冷却します。
POINT
加熱後にすぐ冷却することで、保存料使用ゼロを実現しています。

※再生ボタンをクリックしてください。

天ぷらができるまで ステップ5

包装

※再生ボタンをクリックしてください。

数をそろえ、機械で包装します。
重量測定、金属探知検査、目視検査などを行い、梱包します。
POINT
使い捨てのエプロン、手袋などを着用し、衛生面には特に気を遣っています。

※再生ボタンをクリックしてください。

ほかの製造工程も見る

Copyright © 2016 YamasaKamaboko
Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページトップへ