バーチャル見学 バナー バーチャル見学 バナー
 

Virtual tour

バーチャル見学

  ヤマサ蒲鉾のバーチャル見学へようこそ!
  あの食品がどのような工程でつくられているのか?そこにはどんな秘密があるのか、ご紹介いたします。

ちくわ(竹輪)

ちくわの歴史は古く、文献に初めて登場したのが1115 年です。
現在まで愛され続けている、歴史あるちくわの魅力を感じてみてください。
連続して形作られるちくわの製造工程は圧巻です。

ちくわができるまで

ちくわができるまで ステップ1

擂潰(らいかい)

※再生ボタンをクリックしてください。

ヤマサ蒲鉾では冷凍スリミを使用します。
解凍した冷凍スリミをサイレントカッターに投入し、塩、砂糖、みりん、澱粉、卵白などを混ぜ合わせます。
POINT
煮込み用の製品は澱粉の量を増やし、もっちりとした食感を強くしています。

※再生ボタンをクリックしてください。

ちくわができるまで ステップ2

成型

※再生ボタンをクリックしてください。

シート状にしたスリミをステンレスの棒に巻き付けます。
POINT
ステンレスの棒は常に回転しながら進みます。

※再生ボタンをクリックしてください。

ちくわができるまで ステップ3

加熱

※再生ボタンをクリックしてください。

まず遠火で中心温度85℃以上になるようにしっかりと蒸し焼きにします。
その後、直火で表面をこんがりと炙ります。
POINT
スリミ内の空気の膨張による破裂を防ぐため、表面を炙る直前、剣山でスリミに細かい穴を空けます。

※再生ボタンをクリックしてください。

ちくわができるまで ステップ4

冷却

※再生ボタンをクリックしてください。

棒からちくわを外し、中心温度が10℃以下になるように、急速冷却します。
POINT
加熱後にすぐ冷却することで、保存料使用ゼロを実現しています。

※再生ボタンをクリックしてください。

ちくわができるまで ステップ5

包装

※再生ボタンをクリックしてください。

縦向きに整列させ、機械が自動で包装します。
重量測定、金属探知検査、目視検査などを行い、梱包します。
POINT
使い捨てのエプロン、手袋などを着用し、衛生面には特に気を遣っています。

※再生ボタンをクリックしてください。

ほかの製造工程も見る

Copyright © 2016 YamasaKamaboko
Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページトップへ